美容師さんとの付き合いかた

951f97e04616f918c11d90c5c04582ad_s.jpg

アスカがハゲだと気付いたのは、美容院にいったとき鏡がいつもと違う角度で見えて、大きく薄くなっている部分が見えたからだと話しました。

美容師さんは、何人ものハゲたお客様を相手にしているので、相手のプライドを傷つけないようそうしているのか、本当の姿を見せてくれません。

そこで、自分はAGA治療をしたい旨があることをカミングアウトすることをお勧めします。

アスカの場合、「~なんだよね。」というと「私のお客さんにも3人くらいやってる人いますよ。」と好感触。
ついでにどの程度続けてわからなくなったとか細かな情報をもらえるようになりました。

話は戻りますが、鏡の角度です。O字ハゲの場合、家で鏡を見てもどれくらい薄くなっているかわからないので協力者が必要です。
家族に写真を撮ってもらうとか、いろいろあると思うのですがそうしょっちゅうとはいきません。

そこで活用するのが美容室です。見せてよと言えばいくらでもハゲている部分を見ることができます。
まずは見て、現状把握が大事かなと。

そういうわけで、美容師さんとの良好な関係作りはAGA治療のベンチマーキングになるのでとってもおすすめです。

この記事へのコメント

スポンサーリンク